シワ解消の注入治療|肌トラブルのシミを消すなら美容外科|綺麗な肌を施術でゲット

肌トラブルのシミを消すなら美容外科|綺麗な肌を施術でゲット

シワ解消の注入治療

婦人

痛みを抑える工夫

年齢を重ねるにつれて深く刻まれるほうれい線は、ヒアルロン酸を注入して肌を持ち上げることで解消できます。このとき使用するヒアルロン酸は、やや硬めで粘度が高くなっていますが、麻酔薬が含まれていて痛みは抑えられています。また最近では先の尖っていない針を使って、内出血を起こしにくい注射をする方法が多く用いられます。この際には表面麻酔やブロック麻酔で痛みを和らげることができます。ブロック麻酔は神経を麻痺させる注射をして、顔面の痛みを感じなくする方法です。左右バランス良くほうれい線を解消するため、ヒアルロン酸注射はゆっくりと注意深く行なう必要があります。とはいえ施術時間は10分ほどで、その日のうちにメイクも可能です。

必要な注入量

ほうれい線は顔の骨格によって、出やすい方と出にくい方がいます。もともとほうれい線が浅く、肌の弾力が衰えたせいで目立つようになった場合は、ヒアルロン酸注射だけでも大きな改善を期待できます。若い頃から鼻の脇のシワが目立っていた方は、他のリフトアップ施術とヒアルロン酸注射を組み合わせることで、効果的にほうれい線を解消できるでしょう。1回の施術で必要なヒアルロン酸の量は、ほうれい線が浅い場合は1cc以下、深い場合は1〜2ccになることが普通です。ほとんどのヒアルロン酸は1cc単位で販売されているため、余ったヒアルロン酸は他の場所に注入するか、保管しておいて再利用します。クリニックごとに方針が異なるので、事前に確認しておきましょう。