肌トラブルのシミを消すなら美容外科|綺麗な肌を施術でゲット

忙しい女性の味方

美容整形

東京には、たくさんの美容外科があります。なかには、親切でない美容外科もありますから、注意しましょう。また、カウンセリングでは、希望をきちんと伝えることが重要となります。口コミなどもたくさんあるので、参考にしましょう。

白くて美しい素肌を目指す

ドクター

正しいシミ対策

メイクのノリも良くなります。コンシーラーでも消えないシミを消す方法はたくさんあります。サイトをクリックして情報を入手してみよう!

症状に合った施術を選択

美容整形でシミを消す施術を受ける場合、自分の症状に合った方法を選択しなければなりません。場合によってはシミを消すことができないだけでなく、かえって濃くなってしまう可能性もあります。特にシミの種類の中でも肝斑は要注意のタイプであり、レーザーの種類によっては悪化してしまいます。また、レーザー治療では軽い火傷のような状態になりますので、皮膚の薄い人や弱い人は慎重に受けなければなりません。医療機関ですので安全面の配慮はされていますが、個々のコンディションによっては予想外のことが起こります。ですから、施術を受ける日が決まったら、その日に向けてできるだけ肌のコンディションを高めて安全に受けられるようにします。

施術ごとの特徴

シミを消す施術を種類ごとに見ていくと、Qスイッチルビーレーザーはメラニン色素が原因となっているシミにとても効果があります。用いられるルビーレーザーはメラニンの吸収が高いレベルにありますので、メラニン色素のみをターゲットにして安全に治療を行うことができます。シミのレベルも薄いものから濃いものまで幅広く対応でき、ソバカスにも利用できます。ただし、肝斑には向きません。フォトRFで消す場合、光エネルギーのIPLと高周波エネルギーのRFが同時に肌に働きかけます。肌の奥深くまで照射できる方法であり、メラニンのみにダメージを与えますので安全です。ソバカスに最適の治療ですが、幅広いシミにも対応しており肝斑やくすみ対策にも利用されます。クリニックによって使用するレーザーが違う可能性もありますので、治療を受ける際にはネットなどでクリニックの情報を仕入れておきましょう。

5年以上の効果を実感

レディ

深くなってしまったしわやたるみがあると実年齢より老けて見られ、美容クリームなどではなかなか改善できません。しかし美容外科なら難しいものではありません。アルカミド注入をすれば改善できます。即効性があり安全性が高く効果が5年以上も続きます。

シワ解消の注入治療

婦人

肌の弾力が衰えて目立つようになったほうれい線は、ヒアルロン酸注入で改善できます。注射の痛みを緩和するには表面麻酔やブロック麻酔を利用することができます。ほうれい線の深さによって、必要な注入量は異なります。